銀行印にふさわしい素材とは

銀行印イメージ

色々な印鑑について書いています。
ここも重要なポイントになりますね。それは印鑑本体です。
種類や大きさ、文字についてもたくさんあり、それぞれ意味合いがあって、そうなっていることが多かったのですが、本体の素材はそうではありません。
これはもはや「好み」という観点になるのでしょう。

昔は印鑑素材の王様「象牙」や黒水牛・オランダ水牛、木材では柘なんかが主流であり、定番でした。
「象牙」は本当に高価で、また耐久性に優れているために、印鑑に最も適しているものです。
しかし、乱獲された時期があり、今では許可証がなければ獲ることも、売買も出来ないのです。
木材にしても、乱伐により気がなくなってきています。

そこで地球環境保護という観点により、新しい印材が生まれてきました。
「エコ印材」といい、木材を元にして樹脂で加工。
これにより、木材の欠点だったところが補われ、耐久性に強く、でも木材の風合いは残るという、まさに一石二鳥な結果になっています。
また他にも、天然石(パワーストーン)で出来た印鑑なども登場しています。
特に天然石を材料とした印鑑は、女性の人気が高そうですね。最近はパワーストーンも一般的ですからね。

どの素材が銀行印にふさわしいかと言えば、耐久性のある素材、象牙や天然石がいいかもしれません。 しかしこの素材選びは、その人の好みでいいと思います。 好きな洋服を着るような、そんな感覚と一緒だと思います。

ページの先頭へ