用途別に大きさが違う印鑑

印鑑イメージ

印鑑はたいてい丸型ですね。
たまに楕円型があっても、認め印と訂正印としての用途しかないので、最近ではお目にかかることが難しいです。
その形とはまた別に、印鑑には色々な大きさがあるのご存知ですか?
なんか認め印が小さい気がしたことがありましたが、まさしく、用途別に大きさが違うのです。

印鑑で使われる印鑑本体の大きさは、だいたいが10.5ミリから18ミリで、その中で用途別に分かれています。
銀行印は一番中間の大きさを使われることが多く、12ミリから15ミリくらいです。
また、性別でも違いがあり、男性の方が大きい印鑑を使うそうなのです。
男性は13.5ミリから15ミリのものを選び、女性は12ミリから13.5ミリを使うことが多いという違いがあるそうです。
面白いですよね。

ちなみに実印は一番大きさのもので、男性では16.5ミリから18ミリを、女性では13.5ミリから15ミリです。
実印は役所への登録が必要なので、規定があります。
規定上では8ミリから25ミリと決まっているそうなので、一般的に使われているこの大きさよりも、多少は小さくても大きくても登録は可能のようです。

認め印が一番小さく、男性、女性ともに10.5ミリから12ミリが一般的のようです。
しかし、認め印は会社でも使用したりしますよね。その際に上司よりも大きい印鑑は持たないようにするという、ビジネスマナーもあるようなので、注意したほうがいいようです。
いや~、世の中には色々な印鑑があるのですね~。

ページの先頭へ